AWS(AmazonWebServices) 認定資格(SAP)

[SAP受験記]受験に向けて「復習項目のリスト化」を実施、模擬試験で苦手分野を確認

どうもクラウドエンジニアなタケイ(@pcefancom)です。

今回もSAP受験勉強の記録です。

ひとまずAWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナルの再認定にあたって「復習で抑えておくべきアーキテクトのリスト化」を実施してみました。

以下、リストです

AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナルで抑えておくべきアーキテクトは?

分類は分野別で書いてます。

以下の書籍も参考にしました。

コンピュート 

    • EC2
    • ELB
    • ElasticBeanstalk
    • Lambda
    • AWS Batch
    • ECS
    • EKS
    • Fargate

ネットワーキング 

    • VPC
    • NAT Gateway
    • VPC Endpoint
    • PrivateLink
    • VPC Peering
    • Route53
    • DirectConnect
    • AWS Managed VPN

ストレージおよび配信

    • S3
    • EBS
    • EFS
    • Glacier
    • StorageGateway
    • CloudFront
    • FSx

データベース

    • RDS
    • Aurora
    • DynamoDB
    • ElastiCache
    • Neptune
    • Redshift

アナリティクス

    • EMR
    • Athena
    • CloudSearch
    • ElastisarchService
    • Kinesis
    • QuickSight
    • Glue

アプリケーション統合

    • SNS
    • SQS
    • SES
    • SWF
    • API Gateway
    • StepFunctions
    • Elastic Transcoder

AIサービス

    • Rekognition
    • Polly
    • Transcribe
    • Translate
    • Comprehend
    • Lex
    • Forecast
    • Personalize

セキュリティ/アイデンティティ/コンプライアンス 

    • IAM
    • STS
    • KMS
    • CloudHSM
    • CertificateManager
    • WAF
    • Shield
    • Cognito
    • SecretsManager
    • GuardDuty
    • Inspector
    • Marcie
    • DirectoryService
    • AWS Organizations
    • AWS SSO

管理ツール

    • CloudWatch
    • AutoScaling
    • CloudFormation
    • CloudTrail
    • Config
    • OpsWorks
    • SystemsManager
    • TrustedAdvisor
    • PersonalHealthDashboard

コスト最適化

    • ReservedInstance
    • Spot Instances
    • Consolidated Billing
    • Cost Explorer &AWS Budgets

移行ツール

    • DMS
    • SCT
    • SMS
    • Application Discovery Service
    • Migratrion Hub
    • VMImport/Export
    • Snow Family

開発者ツール

    • CodeCommit
    • CodeBuild
    • CodeDeploy
    • CodePipeline
    • CodeStar
    • X-Ray

実務で使わない分野はBlackBeltとウェルアーキでカバー

改めて試験に出るアーキテクトを整理してみて、AWSの進化スピードの速さを実感しましたね。

全ての分野で新しいサービスが出ている。

数年やっていると、どうしても新鮮味がなくなってきたり、得意分野もでてくるのでさわる技術も固定されています。

AWSの技術の棚卸しにいいよなと感じました。

ともあれ、実務で使わない分野は頭入れるしかありません。

そこはBlackBeltとウェルアーキ+ホワイトペーパーでしのいでいこうと思います。

AWS Well-Architected – 安全で効率的なクラウド対応アプリケーション
https://aws.amazon.com/jp/architecture/well-architected/

AWS クラウドサービス活用資料集 Top
https://aws.amazon.com/jp/aws-jp-introduction/

進捗

  1. 受験対策本を買う
  2. SAPの試験範囲をおさらい

-AWS(AmazonWebServices), 認定資格(SAP)

© 2020 トナクラ